FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナル拡張アゲイン



お願いします!またアナルを拡張していただけますか⁈

馴染みのマゾ犬Mちゃん(写真部の後輩)にお願いされました。
写真部の後輩君は、かつて黄金プレイから変態プレイの限りを尽くし、最善期は特大のアナルプラグを入れたり出したりして遊んでいました。


もう、指数本しか入りません。
長年のマゾプレイで括約筋が劣化し、これでは彼の人生を考えると、アナルプレイはしばし休憩の方向で進めていたのです。

足奉仕で、主人の機嫌をとります。


主人のペニスは黒々勃起しました。

フエラチオで更におねだり

最終的に、デカペニスバンドを全部後ろのお口に納め、顔面に唾を吐きかけられ、聖水で喉を潤しながらフィニッシュしました。
スポンサーサイト
[PR]

「便所掃除が好き」ナチュラルボーンM男の実態5

女子トイレに入ると、制服姿のU子が、数人の女子生徒と一緒に居ました。

「Y。単刀直入に言うわ。貴方、女子のブルマーを勝手に借りて、身につける変態なの?」

気弱なYは、借りた事実などないのに、夜のランニングの一件の気まずさがあり、しどろもどろになりました。
「す、すみません…。」
思わず謝ってしまいます。
「やっぱり噂は本当だったのね?一体誰のブルマーを勝手に借りたのよ!白状しなさいよ!」
またしどろもどろになるY。
「白状しないなら、身体検査をやるしかないわね…。クラスの女子に協力してもらったのよ。これでもうあとには引き下がれないわ」
U子の背後には5人程の女子生徒が、U子に支持されて何か、支度をして居ます。

手にブルマーを持った女子がYの前に並びました。
「さあ、Y。私達目を瞑るから、貴方が本当に借りたブルマーの子のを身につけなさい。逃げたりしたら許さないからね!」
U子は逆手でがちゃりとドアの鍵を閉めたのでした。

密室空間に女子数人と野球部男子ひとり。
その状況だけでも頭がクラクラしそうなYは立っているのがやっとでした。その上、濡れ着を着せられ、ブルマーを手のひらに乗せた女子生徒が目の前にずらっと並んでいるのです。もう頭が真っ白になる、とはこの事でした。
風紀委員長のU子に詰め寄られ、もう選ぶしか選択肢のないYはクラスで1番気が強そうで、背も高いT子の手のひらからそーっとブルマーを掴み、手に握ったのでした。Yは緊張感で体が震えています。
「皆さんお疲れ様。目はまだ閉じておいてね。お礼を渡す時間よ。手のひらにブルマーがない子だけそのまま一歩下がって個室に入って鍵をかけて待っていてね。鍵の閉まる音がしたら目を開けていいわ。さあ、よろしくね」
がちゃりとドアを閉める音がして、数人の女子が目を開けると、Yに一瞥をくれ、U子から何か封筒の様なものを手にして出て行きました。
「封筒はすぐ開けてみてね。うふふ」
そこには、これから広がる、文字通り快楽の地獄絵図への道案内が書かれていたのです。

「便所掃除が好き」ナチュラルボーンM男の実態4

女子トイレに入ると、制服姿のU子が、数人の女子生徒と一緒に居ました。

「Y。単刀直入に言うわ。貴方、女子のブルマーを勝手に借りて、身につける変態なの?」

気弱なYは、借りた事実などないのに、夜のランニングの一件の気まずさがあり、しどろもどろになりました。
「す、すみません…。」
思わず謝ってしまいます。
「やっぱり噂は本当だったのね?一体誰のブルマーを勝手に借りたのよ!白状しなさいよ!」
またしどろもどろになるY。
「白状しないなら、身体検査をやるしかないわね…。クラスの女子に協力してもらったのよ。これでもうあとには引き下がれないわ」
U子の背後には5人程の女子生徒が、U子に支持されて何か、支度をして居ます。

手にブルマーを持った女子がYの前に並びました。
「さあ、Y。私達目を瞑るから、貴方が本当に借りたブルマーの子のを身につけなさい。逃げたりしたら許さないからね!」
U子は逆手でがちゃりとドアの鍵を閉めたのでした。

「便所掃除が好き」ナチュラルボーンM男の実態3

mail.jpg
第1話
第2話

マゾヒストとしての記憶…。

女子のブルマー姿でランニングし、初めての射精をした男子中学生Y。
その噂はクラスの早熟な女子に広がるのは時間の問題でした。
生徒会風紀委員にも所属していた生真面目なY。ある日の授業中、同じ風紀委員、風紀委員長のU子から、綺麗に折りたたまれたメモ用紙がYの元に届くのです。

「Y 。風紀委員の一員として大切な話があります。放課後医務室前の女子便所に向かってください。U子より」

医務室前の便所は、丁度パーテーションで目隠しになっており、男子便所と女子便所の入り口は何れかに入ったか直ぐには人に知られることはありません。
職員室に一番遠く、体育会の部室には近く、また放課後保健の先生は下校してしまうことから、よく隠れて煙草を吸う問題生徒の溜まり場になっている、便所です。

風紀委員も其処を常に見張るように当番が決められており、Yも時間を決めてチェックに行くことがありました。

Yは素直に、問題生徒の喫煙の実態調査に同行してほしいとU子委員長から依頼されてのことだと思いました。
なので、女子トイレに呼び出されるというくだりは特別疑問に感じることはありませんでした。

Yが何気なく開いた女子トイレの先。其処に広がる光景は想像できなかったのです。

「便所掃除が好き」ナチュラルボーンM男の生態 2

mail te
前回までのあらすじ
ブルマ姿で走りながら射精した男の子。

時は過ぎ、大人になり、結婚します。
しかし女性とは夜の関係がうまくいかず、色々支障を来たし離婚。
挙句社会生活も上手くいかなくなり職を辞し、夜の世界へ。
SMバーのボウイを勤める事に。
お客様におしぼりを差し出すときひざまづくのが何より興奮を覚えたといいます。

心の隙間を埋めるように潜り込んだ夜の世界で活力を得たM男氏。
うすうす気がついていたM性がさらに開花します。

晴れて再就職し、会社員として活躍する傍ら、インターネットで趣味の世界に入り浸ります。
そして、どのような状況において今の自分が最も興奮するのかを研究するようになりました。

(今もし自分が弱みを握られて、それを公言されない為に口封じとして奉仕させられたら…。)
(仕事の取り返しの付かないミスの代償として、自分の一番嫌なことを命じられ、それを屈辱のままにやらされたら…)
妄想はどんどん膨らみます。

-自分にとって、一番屈辱的なこと。
M男氏は妄想の果てに学生時代のある秘密が脳裏を横切ったのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。